教育方法とその特色


本研究科では、地域社会の人々が法曹に期待している役割を積極的に果たすことのできる人材を養成するために、高い人権感覚と職業倫理観を持ち(法曹に必要とされるマインド)、適切に地域課題に取り組むことのできる法律専門知識・技能(法曹に必要とされるスキル)を合わせ持った法曹を養成することを目的としています(地域に精通し、地域で活躍する法曹の養成)。その目的を実現するために、基本的にソクラテス・メソッドによる双方向・多方向の授業形態を通して、法曹に必要とされるスキルとマインドを徹底的に鍛え上げるという教育方法を採用しています。
もちろん、特に社会人・法学未修者に対しては、一定の学修段階に応じて、徐々にそのような授業形態に慣れていく必要があるため、1年次の法律基本科目の授業形態は講義方式を基本とし、必要に応じて対話方式を採り入れた授業を行うなど、基礎的な学修から応用・実践的な学修へとスムーズに3年間の学修ができるようカリキュラムの工夫をしています。

00a.gif
00n.gif
通常の講義形式による授業ですが、各授業科目の具体的な目的と内容に基づき、担当教員の判断により他の授業形態をも一部取り入れた授業を行います。1年次の法律基本科目、基礎法学・隣接科目群、展開・先端科目群に属する科目は基本的に講義形式の授業を行います。

00m.gif
学生の予習を前提として、問題分析力と法的思考力の鍛錬に重点を置き問答形式により授業を進めていく形態です。

00o.gif
この授業形態は基本的にソクラテス・メソッドですが、具体的な事例問題を取り上げ、その問題を解決しうる法的思考力と応用力を養うことを目的とします。2年次の法律基本科目である公法総合Ⅰなど(「総合科目」という。)から段階的にこの双方向・多方向型の授業を行っていきます。

00p.gif
授業で学んだ基本的な法律知識と法的思考力・応用力を実際の現場(あるいはそれに近いシミュレーション)において試行する作業を中心とした授業形態です。具体的科目としては、「ローヤリング」「リーガル・クリニック」「エクスターンシップ」などの実務基礎科目の一部がこの形態です。

00q.gif
法律実務の実際に即した役割分担にしたがい、それぞれの立場での法律文書作成・訴訟準備等をシミュレーションにより行うことを通して、実際的な法的技能を修得することを目的としています。具体的科目としては、「民事訴訟実務の基礎」「刑事訴訟実務の基礎」「民刑事模擬裁判」などの実務基礎科目の一部がこの形態です。