地域と手を携えた法曹養成教育

00k.gif
「地域に深く根ざした法曹」を養成するため、本研究科では「地域と手を携えた法曹養成教育」を行っています。その取り組みの一例をご紹介します。

00h.gif
「地域と法」という授業では、山陰の地域社会において生起する様々な法的問題を取り上げて講義すると同時に、山陰地域の関係諸機関等の協力の下で行うフィールド・ワーク(実地授業)を通して、学生自らの問題意識を形成し、より具体的な問題状況を掘り起こし、その解決に向けての法的思考と法的アプローチを以って対処する基礎的な力を修得することを目的としています。

00i.gif
この授業は、学生が地元の法律事務所において法律実務の実際を体験することにより、実務感覚を養うとともに、現実の弁護士等の働き振りを直接観察することにより、将来自らが法曹となることの意義を自覚させ、法科大学院における教育効果の向上を図ることを目的としています。
 島根・鳥取両県弁護士会では、本研究科の学生を積極的に受入れていただいており、本研究科は、この授業を通して、教育理念である「地域に深く根ざした法曹」の養成を実現すべく、地元弁護士会と手を携えたきめ細かい教育を行っています。

00j.gif
 本研究科では、毎年、島根県消費者センターの委託事業として県内各地において「消費者のための法教育と巡回法律相談」を行っています。
 この事業には、リーガル・クリニックの受講生を中心に学生たちが参加しており、地域の生の法律問題に触れることができ、基本的な法的知識の確認と修得、そして勉学意欲(法曹へのモチベーション)を高めることができる貴重な機会となっています。
 これらの授業等に積極的に参加してきた修了生の何名かは、現在、地元で法曹として活躍し始めており、その成果が着実に現れてきています。