学修環境

 本研究科では、少人数教育を実践できることの利点を最大限に生かし、充実した学修環境を整備してきました。

 学生一人ひとりのためにキャレルが用意され、24時間自由に使用できる院生室、日々の授業とその予習・復習などでのきめ細かい学習指導、鳥取・島根両県の若手弁護士(アカデミック・アドバイザー)による様々な学修支援、法務研修生制度(修了後の学修支援)など、本研究科のこうした特色ある学修環境について紹介します。