特別講演シリーズ第3回を開催

2009年7月10日

法務研究科では、新入生を対象とした平成21年度特別講演シリーズ「法曹になるための底力を蓄えよう!-これからの三年間を考える」企画として第3回講演会を中央大学法科大学院大貫裕之教授を講演者にお迎えして、7月10日開催しました。大貫先生は、公法(行政法)を専門とされ中央大学で教鞭を取られる傍ら、法科大学院協会事務局長を務められており、「法科大学院でどう勉強する―実践的助言」と題してご講演を実施していただきました。参加した院生からは他大学法科大学院の様子も聞けて刺激になった、司法試験を制するための実践的助言が大いに参考になった等の感想が寄せられました。

写真
≪写真≫
左:藤田研究科長、玉樹教授による大貫先生紹介
下:講演の様子






 写真 写真