特別講演シリーズ第3回を開催

2010年10月13日

10月13日、元検事で山梨学院大学法科大学院教授の大八木治夫先生による、「法曹になるための底力を蓄えよう!」と題する第3回特別講演会が法廷教室で開かれました。
大八木先生は長年検事として務められ、その後は弁護士として、かつ、法科大学院の教授としてご活躍されておられますが、それらの経験の中から、刑事事件の 民事示談でご苦労されたお話や、覚醒剤所持否認事件における捜査や公判について、聴講生に質問をされながら熱のこもった解説をしていただきました。
とくに印象に残ったのは先生の「無駄になる経験はない」というお言葉でした。講演後は院生の質問にも丁寧に答えていただき、大変好評でした。なお、聴講者は1年生、2年生を中心に13名でした。

 

 

kouen22-3a kouen22-3b

写真:大八木 治夫先生  講演会の様子