大社高校法廷教室見学

2010年11月14日

11月4日、大社高校生20名が、大学見学の一環として法廷教室を30分ほど見学しました。

当日は、國弘教授(弁護士)が、説明に当たりました。高校生らは、裁判官席、原告席、被告席にそれぞれ着席して説明を受けました。教授からは、日本の法廷は、原告席と被告席が裁判官席とは直角の方向で互いに向かい合っているのに対し、英米では、原告と被告が並んで裁判官と向かい合う構造になっていて、証人は裁判官の横で証言するなどの違いがあることなどが説明されました。

高校生らは、初めての法廷の雰囲気にやや緊張した面持ちでしたが、説明に熱心に聞き入っていました。

写真1 写真2

写真:法廷教室内での様子