平成24年度特別講演会第1回を開催しました

2012年6月7日

 5月23日、本研究科の青戸准教授(弁護士)による、「弁護士の仕事と法科大学院での過ごし方」と題する本年度第1回目の特別講演会が開かれた。

 今回は、法務研究科のみならず、法経学科の学生にも対象を広げて行われ、法経学科からも17名の学生の参加があり、法廷教室は満席状態であった。
 講師の青戸先生も、法科大学院ではどういうことを学ぶかということのほか、学部の時にはどういう意識で勉強すべきかという点についてもお話しいただき、そのあとの質疑応答も含めて大変好評であった。
 今回、学部生をも対象とした初めての試みであったが、学部生の法科大学院への関心の高さも再認識できたので、今後もこのような企画をしていきたい。

青戸理成先生講演会の様子
写真:青戸理成先生(左) 講演会の様子(右)