平成24年度特別講演シリーズ第2回を開催しました

2012年7月19日

 7月5日、本年度第2回目の特別講演会が、本研究科の丑久保和彦准教授(弁護士)を講師として開催された。
 丑久保先生は、政経学部出身で、3回目の受験で旧司法試験に合格され、現在、松江市内の法律事務所に勤務されている。演題は「司法試験の勉強方法と弁護士の魅力」で、法学部出身ではない先生がどのように司法試験の勉強にとりくまれ、合格されたのかについてお話しいただいた。その中で、司法試験に合格するには、試験で求められる知識と論述の質量を把握し、自分の足りない部分を分析し、その未到達部分を常に意識した勉強が必要であり、基本をしっかり習得し、答練や自主ゼミやAAを活用することが大事であると強調された。
講話の後は、受講生の質問、学習相談にも丁寧に答えていただき、大変好評であった。

第2回特別講演会 第2回特別講演会

写真:丑久保和彦先生(左)、講演会の様子(右)