平成24年度特別講演シリーズ第4回を開催しました

2012年10月23日

 
 10月15日、大八木治夫 山梨学院大学法科大学院教授(元検事、弁護士)による特別講演会が開かれました。大八木治夫先生は高検検事を経て、現在は弁護士としてもご活躍されており、とくに薬物事件について造詣の深い先生です。
 今回の特別講演では、前半は、法律学習における定義、概念等の基礎の大切さと教科書や六法の読み方について、後半は、実際の事件を元に刑事訴訟手続きの要点について、質問と解説をまじえて熱く教えていただき、たいへん有意義なご講演でした。
  また今回は、法経学科の学生も5人参加していただきありがとうございました。質疑応答を通じて今後の勉強によい刺激が得られたものと思われます。

  
  
写真:大八木治夫先生(左) 講演会の様子(右)