川本町で無料法律相談が行われました

2012年10月24日

秋空の下、川本町へ消費者セミナーと無料法律相談へ出かけてきました!

  今回は、老人クラブの文化展の催しのひとつとして消費者セミナーと無料法律相談を行ってきました。とても元気のいい高齢者の人たちで会場は熱気にあふれ、私たちの方が元気をもらうことができました。

消費者セミナーでは、本研究科教員により悪質商法を中心に話が行われました。内容としては、全国的に消費者センターに寄せられている相談件数は減少しているが、減少部分のほとんどは架空請求に関するものであり、これを除くと悪質商法の相談件数は減少しているとまではいえないこと、島根県でも同様のことがいえるといった現状が報告されました。そして、なぜ人は悪質商法にだまされるのか、心理的メカニズムを垣間見る実験がなされ「だまされる自分がいる」ということを認識していただきました。また、会場にいる参加者全員に○×クイズと称して契約に関する基礎知識の問題を出題し、答えていただき、理解を深めていただけたのではないかと思います。当日はこちらが予想した以上の方々が参加してくださいました。

 また、無料法律相談では実務家(弁護士)教員が町民の方からの相談に対し、対応や今後の方針等についてアドバイスをしました。相談者の方々からは「今後の手順が分かりやすく、納得しました。」などの感想を頂きました。消費者セミナーと無料法律相談も無事終わり、再びマイクロバスに乗り込み、中国山地の透き通った秋空の下を松江へ帰って行きました。

川本町のみなさん、本当にありがとうございました。


写真:消費者セミナーの様子