法教育の実践の一環として島根県の高校生を対象とした裁判員裁判の模擬裁判を行いました。

2013年8月16日

8月7日、法務研究科の地域における法教育実践の一環として高校生を対象とした裁判員裁判の模擬裁判を島根県弁護士会法教育委員会と協力して実施いたしました。

この模擬裁判は、島根県教育委員会主催による県内の高校生を対象とした「夢実現進学チャレンジセミナー」の文系プログラムとして実施されたものであり、当日は、法廷教室にて高校生10名のほか高校の教員も参加し裁判員裁判を体験してもらいました。

島根県弁護士会法教育委員会の弁護士の方々や弁護士検察官役を担当していただいた高校の先生方の熱演のおかげで評議も盛り上がり、参加した高校生にとっては裁判や法学に関心を持ってもらういい機会になったようです。

参加した高校生が将来、山陰で活躍する法曹になる日が来るかもしれません。


 写真:夢チャレンジセミナーの様子