研究科長挨拶

 

野村 泰弘 研究科長 

 地元で法曹の養成をという熱い期待を受けて、山陰唯一の法科大学院として2004(平成16)年に私たちの法科大学院が産声を上げ、この間、多くの司法試験合格者と公務員等の法律系人材を輩出してきましたが、全国的な法科大学院への進学者の減少等から、残念ながら2015(平成27)年度から募集停止に至りました。しかし、学生が在籍している間はこれまで通りの授業を継続していくとともに、法務研修生および修了生に対しては司法試験合格のためのできる限りの助力を続けます。また、組織の見直しにより平成29年度から法文学部法経学科に司法特別コースが新設されましたが、これまで法科大学院の教育で培ってきたノウハウを活かし、実務家教員も加わって、法科大学院進学や公務員試験合格、それに法律系資格取得を目指す学生の要望に応えられるような授業を行っていく所存です。