野村 泰弘(のむら やすひろ)教授

野村 泰弘

野村 泰弘(のむら やすひろ) 教授

【担当科目】 民事法入門、民法Ⅱ、民事法総合Ⅲ

法科大学院へ進学された皆さんは法曹への夢を持っておられることでしょう。大変な努力が必要でしょうが、どうか、頑張って自分の望む将来を開いていってほしいと願っています。私もその夢の実現のお役に立ちたいと思っています。


【プロフィール】
19773月 早稲田大学法学部 卒
19913月 西南学院大学大学院法学研究科 博士後期課程 単位取得退学
19914月 徳山大学専任講師
19944月 徳山大学助教授
19994月 徳山大学教授
20024月 埼玉工業大学人間社会学部教授
20044月 島根県立大学総合政策学部教授
20074月 島根大学大学院法務研究科教授


 【主な研究・社会活動】
「取得時効と善意 -民法162条1項の「所有ノ意思」との関連において-」西南学院大学大学院法学研究論集第7号1958頁(19892月)
「自転車事故-その裁判例と問題点」徳山大学紀要第44157197頁(19966月)
「入会権と固有必要的共同訴訟(一)(二)」埼玉工業大学人間社会学部紀要第24167頁(2004年3月)第35984頁(2005年3月)

 島根県出雲市入札等監視委員会委員(2009~現在)